フランス旅行 情報収集ネット
 HOME > 海外旅行傷害保険

                 

海外旅行傷害保険



   海外旅行傷害保険とは、海外旅行中にケガや病気で病院にお世話になった時に役
   に立つ傷害保険です。
   その他では・・・、
   ショッピング中に商品を壊してしまったり、ホテルの備品を壊してしまった時の賠償
   責任や、手持ちの荷物が盗難にあった場合など、携行品の補償もカバーしてくれる、
   海外旅行にはとても重宝する保険です。

   特に海外でのケガや病気は治療費が高く、日本人が海外で治療を受けた場合は日
   本の治療費の10〜20倍と言われています。
   (例えば、骨折治療で200万円くらいの治療費など・・・)

   食中毒や風邪など、身近に考えられるアクシデントもありますので、旅行前には必
   ず万全に備えておきましょう〜。

   ※ クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険は、一旅行あたり出発より90日間ま
     での旅行期間が対象となります。


   【 お得な加入方法 】
   海外旅行傷害保険は代理店や空港でも入る事が出来ますが、保険料を節約してお
   得に加入する方法があります! 

   それは・・・
     クレジットカードに付帯される海外旅行傷害保険を利用するという事です。

   クレジットカードに付帯される海外旅行傷害保険は、損保会社で加入する海外旅行
   傷害保険とほぼ同じですので(唯一違うのが、疾病死亡の補償が無いという所と、
   保証額を設定出来ないという所)、クレジットカードを上手く利用すれば保険料を抑え
   てお得に節約が出来る・・・というわけです ^^
   (※ 但し、この海外旅行傷害保険は
      全てのカードに付帯されるわけではありませんので、
      また付帯されていても、保険を有効にするための条件等がある場合もあり、
      これら予め十分にご留意願います)


   さらにお得 な加入方法 】 現在カードを持っている方も必見!
   クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険は、「傷害による死亡・後遺障害」の
   補償以外は、他社のクレジットカード付帯の補償を合算できるという事です。
   つまり、海外旅行傷害保険で一番重要な補償部分でもある「傷害・疾病による治療
   費用の補償」や、救援者費用や賠償責任の補償額は合算する事が出来るのです。

   例えば・・・、
   「傷害・疾病の治療費用」の補償額が、A社のカードは200万円、B社のカードでは
   100万円となっている場合、両社の補償額を合算して「最高300万円まで」の補償
   が受けられるようになるという事です。

   現在、海外旅行傷害保険付きのクレジットカードをお持ちの方は、年会費無料等の
   保険付きサブカードを作成して補償額を充実させてみたり、
   これからクレジットカードを考えられる方は、3枚を限度として複数のカードを作られ
   る事をオススメします ^^)/

   カードによって作成時間がまちまちですので、出来れば出発の2ヶ月前くらいには申
   込み手続きをしておきたいものです。

   注意!
   ・ 同じ会社が発行するクレジットカードでは合算できません! 要注意!
   ・ 一度に多くのカード申込をすると審査に通らなくなる事も・・・。3枚を限度に!
   ・ 保険には「自動付帯」と「使用条件のある利用付帯」の2種類があります。
    (利用付帯とは・・・使用条件を満たさないと保険が適用されない付帯保険。)
   ・ それぞれの補償額には、合算の限度額があります。
   ・ 「傷害による死亡・後遺障害」の補償は合算する事が出来ません。


   超オススメ・ 保険付帯クレジットカード! 】
   ・・・で、海外旅行傷害保険付きのクレジットカードが無い事には保険が付帯しま
   せんので、かなり使えるオススメ・クレジットカードを紹介しておきます ^^)ノ
   (※ 海外旅行傷害保険とコスト節約を重視したクレジットカード)

   現在クレジットカードを持っている方は、海外旅行傷害保険を目的に追加したり、
   補償額をグレードアップする為にも是非参考にされて下さい。


   オススメ  楽天カード
   皆さんもご存知、楽天市場でのお買物がお得になる 「楽天カード」。
   もちろん年会費は完全無料!
   (※ 但し、Edy機能やETCカード等を付帯させる場合には、
      別途手数料、又は年会費の掛かる場合が御座います)

   で、実はこのカード・・・
   上級カード並に優れた海外旅行傷害保険が付帯しているんですね〜 ^^
   但し! 保険の付帯にはちょっとした条件がありますので、十二分に注意!
   (※ 日本を出発する前に、当該旅行のために乗用する公共交通乗用具(タクシー
       や電車など)の料金を楽天カードで支払う事 ・・・等。
       保険の付帯条件につきましては、楽天カードのあんしん機能の解説ページ等
       でご確認下さい m(_ _)m)

   ネットショッピングでお得になる楽天カードは、
   隠れた実力もあったのですね〜 ^^)ノ
   上手く使えば、かなり高機能なカードになること間違いなし! です ^^

   また、この楽天カードは、
   「VISA」・「マスターカード」・「JCB」の3種の国際ブランドを選べるので、
   メインカードとしている国際ブランド以外のカードをチョイス・・・
   なんて事も出来ますし、

   ヨーロッパではほぼ必須と言える 「VISA」ブランドもあるので、
   有効活用間違いなし! のハイクオリティ・カードですよ〜 ^o^)ノ

   (※ JCSI(日本版顧客満足度調査)の調査によれば、
      平成21年度のクレジットカード業界・顧客満足度No.1に、
      楽天カードが選ばれたそうですし・・・ ^^)

    (クレジットカードの仕様・特典は予告なく変更される場合もありますので、
     カードの詳細は、リンク先の公式サイトにて申込前に必ず各自でご確認下さい)
    ※ 詳細はコチラ ⇒ 楽天カード


   参考までに・・・
   海外旅行傷害補償に優れている 「三井住友VISAゴールドカード」と比較してみました。
  楽天カード 三井住友VISA ゴールドカード
傷害による死亡・後遺傷害 2,000万円 5,000万円
傷害・疾病による治療費用 200万円 300万円
賠償責任 2,000万円 5,000万円
携行品の損害補償 20万円 50万円
救援者補償 200万円 500万円
ショッピング保険 300万円
家族特約 有り
カード年会費 無料 税抜10,000円+税
     ※ 携行品の補償には、免責が必要となる場合もあります。
     ※ 三井住友VISAゴールドの 「傷害による死亡・後遺障害」補償額は、一定の
       条件を満たした場合の最高補償額です。
       (※ 一定の条件に関して詳しくは・・・ 「海外で便利なクレジットカード」)

   ちなみに、「楽天カード」は・・・、
   海外旅行損害保険の補償の中で、一番重要だと言われている 「傷害・疾病の治
   療費用」の補償額が高いのが最大の特徴 ^^)ノ

   この補償条件なら!
   補助目的のサブカードとしても十二分に安心が得られるでしょう〜 ^^
   (※ 尚、そもそも 海外で使えるメインカードからお探しの方は〜
      ⇒ 「海外で便利なクレジットカード」 ←こちらをご参照されてみては ^^)


   極め! 足りない部分は安くカバーする! 】
   カード付帯の海外旅行傷害保険では「疾病による死亡」が補償されません。
   その他、ゴールドカードクラスでも「傷害・疾病による治療費用」の補償は200万円
   くらいで、カードの複数合算技でも500万円が限度だと思います。
   「疾病による死亡」の補償も欲しい、「傷害・疾病による治療費用」の補償額をもっと
   上げたい・・・と思う方には、クレジットカードの海外旅行傷害保険に上乗せが出来る
   海外旅行傷害保険をオススメします。

   ※ 補償で一番重要な「傷害・疾病の治療費用」は、最低でも500万円くらいは欲し
     い
所です。とあるデーターによれば、1000万円くらいの補償額は必要という意
     見もあるようです。
     500万円くらいまではクレジットカードでカバーが出来ますが、それ以上となれば
     不足分を補える保険が必要となるでしょう。

   上乗せタイプの海外旅行傷害保険は、クレジットカードの補償では不足する部分を
   補う目的の保険です。
   もし事故などが起きてしまった場合には、クレジットカードに付帯している保険を優先
   して使い、不足する部分を上乗せした保険で補いますから、その分掛け金に無駄?
   がなく、従来の海外旅行傷害保険よりもかなり安くて済む
・・・
   というかなりお得な海外旅行傷害保険です。
   (掛け金が少なくて済み、保険会社のリスクも低くなるので保険料が安い!)

   オススメ情報
   ⇒ エース海外旅行保険「シフトアッププラン」
   海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカード会員向けの上乗せ海外旅行傷害保
   険「シフトアッププラン」が有名です。
   もちろん従来の保険もありますよ〜。
   インターネットからも簡単に申込が出来ます ^^ 便利な時代ですね〜。

   



             フランス旅行 情報収集ネット (HOMEへ戻る)

       
Copyright(c) フランス旅行 情報収集ネット All Rights Reserved.